岐阜県の穴場川遊びスポット*道の駅【平成】で大人も楽しめる川遊び

岐阜県には至る所に川遊びができるスポットがありますが、今回は道の駅の目の前にある津保川で川遊びをしてきました。

浮き輪やボート必須の穴場川遊びスポットです!

道の駅【平成】とはどんなところ?

道の駅【平成】は岐阜市・関市街から下呂温泉方面への近道である県道58号「関金山線」(通称:平成こぶし街道)沿い、津保川のほとりにに位置する道の駅です。椎茸が有名な道の駅で、椎茸狩りの体験や、椎茸をふんだんに使用した食事等を楽しめる道の駅です。

川遊びスポットはどこにある?

道の駅の建物がある駐車場ではなく、建物の反対側に川があります。

赤色で〇をつけたところが川遊びエリアです。

草もち
草もち

ネットなどでも大々的にピックアップされていないような穴場スポットとはいえ、夏休みシーズンの特に土日とお盆前後は駐車場が満車になってしまうほど、たくさんの人が来ているようです。

道を渡って歩いていくと・・・

川に入るときの注意事項などが書いた看板が立っています。

ここから下を見下ろすと・・・・

左側方面には段差のような部分が。

右側の部分には写真のような浅瀬が見えます。

浅瀬部分は割とごつごつとした岩場になっています。なので、レジャーシートを敷いている人もいますが、椅子を持ってきている人の方が多い印象です。

タープを建ててBBQをしている人もたくさんいましたよ。

BBQに関しては特に規制もないようなので、BBQ好きにはたまらないスポットですね。

手前は浅いエリア

手前から半分程度までは、深さ10cmもない程度の浅瀬になっています。透明度も高く、水温も気持ちいい!!

よーく見ると小さな魚も泳いでいます。

川遊び 道の駅平成 穴場 東海 岐阜県

ただ、川の中の石が割と大きくて、コケも生えているので結構滑りやすいです!!

小さなお子さんだけでなく大人も要注意!!

草もち
草もち

軽い気持ちでビーチサンダルを履いて中に入ると、流れで脱げてしまったりしてちょっと危険な印象でした。

なので ↑ こういうタイプのマリンシューズを履くことをおすすめします。

深いエリア

奥半分はかなり深いエリアで、わりと流れもあります。

写真の画像で見ても分かる通り、奥の水の色がグリーンっぽくなっているので、大人の膝上ほどの水位があります。小さなお子さんからは目を離さないようにしましょう。

更に深いエリア

先ほどよりも更に深いエリアがあります。それが赤色で丸を付けたエリアです。

ここは反対岸が登れるようになっているので、その段差を使って川に飛び込んでいる人がいました

川の飛び込みは大人でも危険です。遊んでいる人はみんなライフベストを着ていたので、ライフベストは必須です!

 

数名ですが、ボートに乗っている人もいましたよ。自前のボートを持っているなんてとってもアクティブですね。

草もち
草もち

調べてみたら5000円程度の物もあるようです。なかなかできる体験ではないので、ちょっとうらやましく感じました。

流れがゆったりしたエリア

写真を見ると、この水しぶき感が流れの速さを感じさせてしまいますが、この上側のエリア、とってもゆったりとした流れなんです。

 

深そうに見えますが、大人の膝上ほどの水位で水の流れもとても穏やか

このエリアは浮き輪を使ってプカプカ~っと浮いて遊んでいる人がたくさんいました。

大人と一緒なら、流れるプール感覚で小さなお子さんでも浮き輪遊びを楽しめると思います。

川遊びの後は・・・ご当地ソフトクリーム!

お団子屋さんの「令和」には濃厚いちごソフトクリームがあります。

果肉入りでさっぱりとしているけど、とっても濃厚!

パン屋さんには関牛乳ソフトクリームが売っています。関市の名産品「関牛乳」を使用したコーヒー牛乳味もありますよ。

道の駅平成に関する詳しい情報はこちらのページで紹介していますので、参考にしてください。

*一度は食べたい穴場グルメ*岐阜県の道の駅【平成】のしいたけ丼は売り切れ御免の人気メニュー 道の駅 平成 岐阜県岐阜県の道の駅【平成】絶品!名物しいたけ丼と焼きたてパンを食べて足湯でまったり 岐阜県の道の駅【平成】で願いが叶う!?㊙穴場パワースポット

道の駅【平成】の川遊びの持ち物6選

➀水着セット

これは当たり前ですが、子どもだけでなく大人も必須です!私は見てるからいいや~と思わず、お母さんも水着持参がおすすめですよ。

②バケツ&魚すくい用の網

小さな魚を捕まえて遊ぶこともできるので、あると便利です。

基本的にはキャッチ&リリースですが、川で生き物を見つけて捕まえるという経験はとっても素敵だと思います。

ちなみに我が家は持ち運び便利な折り畳み式のバケツを常に車に乗せています。

 

③日よけグッズ

川辺は日影がほとんどないので、とにかく熱い!着替えなどのスペースもないので、日よけ兼着替えスペースとして、テントやタープを持参した方がいいです。

更に家にある人は、机やアウトドアチェアなどもあると便利です。

                         

④ライフジャケット・ライフベスト

これは先ほどの川の紹介の時にも書きましたが、川は危険がいっぱいです。気を付けていても少し目を離したすきに深いところに足を踏み入れてしまったり、転んでしまったりすることも考えられます。

なので、よく動き回るお子さんには必需品だと感じました。

⑤マリンシューズ

川の中は苔の生えた石ばかり。足場に気を取られて、履いていたビーチサンダルが流されてしまう・・・というアクシデントが多発しています。

なので、水陸両用のマリンジューズもマストです。

⑥浮き輪・ボート

川の流れがゆっくりとした川上ではほとんどの人が浮き輪を使用していました。

我が家は持って行かなかったので、次行くときは絶対持って行こうね!!と子供たちから催促が。

ボートを持っている人は少ないと思いますが、持っている人はぜひ持参して楽しんでください。

道の駅【平成】の基本情報

名称道の駅 平成
所在地〒501-3521
岐阜県関市下之保2503-2
TEL0575-49-3797
営業時間9:00~17:00
駐車場大型:5台 普通車:88(身障者用4)台
定休日年末年始(12月30日から1月1日)
1月・6月の定期清掃日各月1日
アクセス東海環状自動車道 富加関ICから車で10分
公式HP店舗・施設情報 – 道の駅 平成【岐阜県関市】 (jimdofree.com)