【道の駅ロックガーデンひちそう】周辺観光は石博物館と七宗御殿・油揚げ専門店もおすすめ

こんにちは。週末は道の駅巡りを楽しんでいる‟草モチ夫婦”です。『ロック・ガーデンひちそうの道の駅に行きたいけど、道の駅以外にはどんな観光スポットがあるのかな?』という方へ。

私たちが道の駅【ロック・ガーデンひちそう】に訪れた際に寄った場所を紹介していきたいと思います。

ロックガーデンひちそう

【ロック・ガーデンひちそう】についての情報を知りたい方は、過去記事をご覧ください。

ロック・ガーデンひちそうの周辺おすすめスポット

①日本最古の石博物館

国道41号を北上していくと見えてくるのがこの潜水艦のような不思議な形をした建物。
これは日本最古の石博物館です。

草モチ夫婦

道の駅まだかな~~と楽しみに景色を眺めていると、道の駅よりもかなりの存在感を放って目に飛び込んできます。

この日本最古の石博物館は、道の駅周辺というよりは、道の駅内に立っているので、駐車場はロックガーデンひちそうの駐車場に入ってください。

車を停めて潜水艦のような不思議な形をした建物に近づいていくと・・・・

大きな石で作られた看板がお出迎えしてくれます。写真右奥の階段の先に横断幕がかかっていますが、定期的に特別企画の展示コーナーなども開催されています。

どうでもいいけど情報かもしれませんが...日本最古の‟石博物館”ではなく、‟日本最古の石”博物館が正しい捉え方のようです。

草モチ夫婦

日本最古の博物館じゃなくて、日本最古の石について知ることができる博物館ってことですね。

階段を上って入口に入っていきます。写真右奥に、入場料を支払う券売機があります。そこで事前に入場券を購入してから中に入ってください。

私たちは券売機に気づかず、そのまま中の入場口に入ってしまいましたが・・・(笑)

でも気づかなかったことが功を奏し、JAF会員の割引価格で入場することができました。

草モチ夫婦

補足!!

道の駅はJAFが管轄している場所も多いので、必ず会員証を持っていってくださいね!私はカードではなく電子JAFカードをスマホを持ち歩いています。JAFのアプリをインストールしておけば、スマホ一つでJAF優待を受けられますよ

日本最古の石博物館 ロックガーデン ひちそう

中に入ると、選択肢なく石の歴史についての映像を上映している大映像室に案内されました。

他のお客さんは誰一人おらず貸切状態だったので写真をパシャリ。七宗町のゆるキャラ、レッキーくんとレッキーちゃんというおにぎり型の石と3人の少年が、日本最古の石や、宇宙の誕生から現在に至るまでの46億年の歴史についてを教えてくれます。上映時間は約15分です。

上映が終わると、タイムマシーンのようなちょっとリアルなエレベーター‟タイムスリップエレベーター”に乗り下の階に移動します。現代から先カンブリア時代へのタイムスリップ!!

そこには年千年も前の石や、珍しい石、とにかく石の歴史がたくさん展示してあります。

石はどんな場所でできるのかな?という体験展示コーナーでは、実際の石を磁石で動かしてクイズのように遊ぶこともできます。

そこまで大きな施設ではありませんが、人も少なくゆっくりと展示を楽しむことができました。

MEMO
岐阜県七宗町では1970年(昭和45年)に日本最古の石が発見されました。そのことにちなみ、1996年(平成8年)にこの博物館は作られました。

出口には、クイズコーナーがあります。この石博物館で展示されていたことにまつわるクイズが4問ほど出題されますが、これが案外難しい。

全問正解するとプレゼントのカプセルが出てきます。カプセルの中身は石の博物館にちなんだ物・・・

草モチ夫婦

我が家は家族4人分のコインをもらって、最後の最後でようやく全問正解を出すことができ景品ゲット!!!大人でも普通に難しかったです。

訪れた際は、受付の方に人数分コインをもらって、ぜひチャレンジしてみてください。

日本最古の石博物館の基本情報

名称日本最古の石博物館
所在地〒509-0403
岐阜県加茂郡七宗町中麻生1160番地
電話番号0574-48-2600
開館時間午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日木曜日、祝日、振替休日の翌日
入館料下の写真参照
HP日本最古の石博物館 (hichiso.jp)
アクセス東海環状自動車道 美濃加茂インターから車で15分
下呂温泉より・・1時間
高山より・・・2時間30分
名古屋より・・・1時間30分

②七宗御殿

ロックガーデンに向けて国道41号線を北上していくと、道の駅よりも先に見えてくるのがこの 七宗御殿。
日本一の白川茶と総桧のトイレ『白川園本舗 七宗御殿』茶めし定食が自慢です

という看板で私たちを出迎えてくれます。

ロックガーデンひちそう 道の駅 岐阜県

今回は先に【道の駅 ロック・ガーデンひちそう】に訪れたので、道の駅に車を停めて、歩いて向かいました。と言っても、すぐ隣にあるので、小さなお子さんがいても十分に歩ける距離感です。だいたい1~2分かな。

大きな観光バスも停まっていたので、お土産などを買ったり、食事をしたりする予定の方におすすめできるスポット。

白川茶が有名な地域なので、大々的に白川茶に旗が立っている店内。

コロナ禍ということあり、テイクアウト用の食事が入口付近に並べてありました。飛騨牛しぐれ弁当、笹寿司、朴葉寿司、どんぶりメニューなど、店内で食べることができる食事と同じようなメニューがテイクアウトできます。

こちらは入口入ってすぐ右側のイートインスペース。お茶屋さんにような赤の敷物にじゃばら傘という風情のある食事コーナーです。

座敷の席もあるので、小さなお子様連れの方も安心して食事を楽しむことできます。床の間にはかっこいい甲冑や大きな扇子、お皿などが展示されています。

店内で食事ができる机は10卓ほどあります。ソーシャルディスタンスの関係で従来より数が減らしてあるのかな。1卓毎の間隔は十分に確保されてました。

うな丼定食 1550円
朴葉寿司定食 1250円

御当地の美味しい食材を使ったご飯がだいたい1000円台で食べることができます。お昼時に訪れたので、満席に近い状態で割とお客さんはたくさん座っていました。

ここはテイクアウト専門のコーナー。七宗御殿名物お茶づくしパフェが一番人気!!

抹茶わらピ、ほうじ茶わらピ、抹茶ラテ、ほうじ茶ラテ・・・・と間違いなく美味しいメニューがズラリ。

草モチ夫婦

ここのお茶づくしパフェがまた食べたくて、それを目的にまた来ました~~と教えてくれた方もみえるほど、濃厚なお茶の味わいを楽しむことができます。

‟七宗御殿 茶BAR” という変わったお茶コーナーもありました。

白川煎茶
抹茶入り煎茶
ほうじ茶
紅茶
飛騨りんご紅茶

各150円で、白川茶を楽しめるという少し変わったドリンクコーナーです。

草モチ夫婦

おすすめはやっぱり白川煎茶。風味豊かで、味わい深いお茶を楽しむことができますよ。

お茶づくしパフェの中にも入っている、わらび餅も単品で購入することができます。

ちょっとピンボケしてしまいましたが、テイクアウトできるお弁当のメニューです。食事コーナーよりメニュは少ないですが、同じお店なので味は一緒。

定食ではない分、少し安く食べることができます。

草モチ夫婦

電話での事前予約も可能だそうです!

テイクアウトコーナーの左手には、写真のような囲炉裏風なテーブルがあります。

うな丼を注文。お値段850円

定食のように汁物やおしんこなどはついてきませんが、それでも十分なボリューム。

草モチ夫婦

肉厚でタレも美味しく大満足!!

デザートにはもちろんソフトクリーム。
これは抹茶ソフトです。

草モチ夫婦

ほうじ茶と抹茶のミックスソフトも食べましたが、個人的には抹茶の方が味がしっかりとしていて美味しかったので、もしまた訪れることがあったら抹茶ソフトをリピートしたいかな。

ちょっと物足りなかったな~という方には、出入り口で1つ100円でおやきも売っています。皮にそば粉が入っている少し変わったおやきです。

草モチ夫婦

1つ100円だとついつい買ってしまいますよね。

お土産コーナー

お土産コーナーも充実しています。

食べ物だけでなく、飛騨のさるぼぼや伝統工芸品なども置いてありました。

自慢の総ひのきトイレ

せっかくなので外の看板にも書いてあった、自慢の総ひのきトイレにも入ってみてください。

昔ながらの和式トイレで、昔の学校の教室のような雰囲気のトイレでした。

七宗御殿の基本情報

名称七宗御殿(ひちそうごでん)
住所509-0403
岐阜県加茂郡七宗町中麻生1146−1
電話0574-48-1211
HP直営店 ドライブイン七宗御殿 美濃白川茶の製造直販 お茶の白川園本舗|安心安全なお茶をお届けします。 (shirakawaenhonpo.com)

③油あげが美味しい豆腐専門店

ロック・ガーデンひちそうを更に北上していくと見えてくるのが、豆釜匠(とうふしょう)という豆腐、油揚げの専門店。

豆釜匠
加茂郡
油揚げ専門店

外には水車や湧水が流れている水道があります。

水がきれいな地域なので、豆腐作りにも適しているんですね。

人気商品の油あげ。500円

木綿豆腐250円 ざる豆腐500円

にがりや、豆乳、おから、おからパウダーもあります。

もう一つの名物、ところてん。2個入りで500円。

一番楽しみにしていたいなり寿司は残念ながら売り切れでした。

草モチ夫婦

1個250円のいなり寿司、食べてみたかったな~

冷凍のコーナーにはおからのロールケーキや、いなりあげがありました。

こんにゃくスポンジというちょっと変わった商品や、郡上割りばし、茶葉なども少しだけですが置いてあります。

人気商品の味付け油あげと、ざる豆腐を購入。フライパン等で少し焦げ目がつくくらい強火で焼いて食べるといいと書いてあったので、くっつかないアルミホイルを敷いたトースターでチン!と焼いて食べました。

草モチ夫婦

ピリ辛で、肉厚で・・・思い出しただけでもまた食べたくなる油あげ!1パック500円と少し高めだけど、買ってみる価値ありだと思います。

草モチ夫婦

水切りされた木綿豆腐という食感。だし醤油で食べるのももちろん美味しいけど、そのまま食べても、少し塩を付けても、オリーブオイルをつけても素材の味を楽しむことができて美味!!

ちなみにイートインコーナーもあります。油あげセット、稲荷ずしセットなどお茶付きでおしゃれな油揚げをその場で堪能することもできますよ。

 訪れたときには、現地で食べているお客さんは誰もいませんでしたが、購入目的の車が入れ替わり立ち代わり入ってきて、お客さんが途切れることはない状態でした。

草モチ夫婦

時間に余裕があればぜひ訪れてほしいお店!騙されたと思って寄ってみてほしいです

国道41号線を北から南へ下ってくる進行方向だと左手に大きな看板があります。正直気にしてないと通り過ぎてしまうようなところにあるので、この看板が見えたら少し速度を落とすといいかも。

名称豆釜匠(とうふしょう)
住所岐阜県加茂郡七宗町上麻生254-1
電話TEL 0574-48-2018
FAX 0574-48-2218
定休日毎週月・木曜(祝日にあたる場合は営業)
営業時間10:00~17:00
HP豆釜匠.岐阜蒟蒻匠(飛水食品 有限会社) (hisui.ne.jp)

④道沿いにある湧水

このような山道の途中に湧水を汲むことができるスポットを発見!!!!

これはたまたま通った時に水を汲んでいる人がいたので発見することができましたが、運転中だったのでサラ~っと通り過ぎてしまいました。

草モチ夫婦

急すぎて停まることができず残念。しっかりとした情報を手に入れたら詳細を更新します!!すみません。
MEMO
岐阜県の道の駅や、山道、神社などには湧水を汲むことができるスポットがたまにあります。もしかしたら・・・!!という期待も込めて、空のボトルや保冷ボックスなども用意しておくといざというときに便利ですよ。

⑤飛水峡

飛水峡とは、幅が狭く、深い谷のことを言います。イメージとしてはV字のような川のことで、この山道の横を流れている川は、きれいなエメラルドグリーンに見えるところがたくさんあります。

運転していると景色を楽しむことができないので、路肩や路側帯に停めて景色を楽しんでいる人もちらほらいました。

草モチ夫婦

大自然を肌で感じて、日頃の疲れが吹っ飛びますよ。空気も美味しい!

⑥道の駅 清流白川クオーレの里

少し距離はありますが、ロック・ガーデンひちそう、清流白川クオーレの里、美濃白川は割と近い道の駅です。ツーリングやドライブを楽しんでいる人は、この3か所の道の駅を全部めぐる人が多いようです。

草モチ夫婦

私たちはのんびり道の駅を楽しんで周っているので、2か所の道の駅しか行けませんでした。道の駅の物産を楽しみたい場合はあまり遅い時間だと品揃えも悪くなってしまう点だけ注意してくださいね。

まとめ

ロックガーデンひちそう周辺のおすすめスポットは

  1. 日本最古の石博物館
  2. 七宗御殿
  3. 豆釜匠
  4. 湧水
  5. 飛水峡
  6. 清流白川クオーレの里

またおすすめのスポットを訪れたら、随時追加更新してきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA